不可能に近い遠距離恋愛を成就させる方法 恋愛・行動心理

f:id:takopatan:20200721143825j:plain


こんにちは、takopa(たこぱ)です。

前回の記事で、[遠距離恋愛が続かない理由]をご紹介しました。

アメリカの心理学者、ボッサードが発見した法則、『ボッサードの法則』が大きく関係し、「遠距離恋愛って不可能」と感じた方も多いとは思います。

だがしかし、今回は「不可能に近い遠距離恋愛を成就させる方法」をご紹介します。

 

 

『不可能に近い遠距離恋愛を成就させる方法』

 

[コミュニケーションの取り方]

遠距離恋愛をしている人の、コミュニケーションの手段はLINEと電話がメインになってきます。

最初のころは、1日に何時間も電話をしたり、頻繁にLINEも送りあうでしょう。

だが、それも続きません!!

1日に何時間も電話をしていたのが、1時間、10分と、頻繁にLINEしていたのが数回、

連絡が、3日おき、5日おきといった形にもなるでしょう。

そこで

「なかなか既読にならない」

「返信がこない」

「内容がそっけない」

「声のトーンが低い」

などの返事の有無や内容、ささいなことでも不安を感じ、ヤキモキしだします。

そこで、しつこく電話やLINEの催促をしたくなるのですが、これは絶対にNGです!

相手は行動を束縛されていると感じ、鬱陶しくなるからです。

こんな時は、「連絡ください」「LINE待ってます」と短く送りましょう。

催促せず、辛抱強くひたすら待つことです。

この『待つ』ことができないと、相手は自分のことを『重荷』に感じてしまうのです。

放置しておけば、心配になった相手の方から必ず連絡がきます。

この『放置プレイ』が相手の所有本能を刺激し、自分へのこまめなフォローに向かわせるようになるのです。

なお、男性でも女性でも、相手から「異性の存在」を疑う言葉が出てくると、急速に愛情が冷めてしまうものです。

疑いの言葉を絶対に言わないこと、ほかの威勢の話題をしないこと

これが、遠距離恋愛の鉄則なのです。

 

[会うとき]

お互いのどちらかが、いつも会いに行く形だと、遠距離恋愛はすぐ終わってしまいます。

「時間」「お金」「労力」といった、会うための負担が大きいからです。

1番良いのは

「お互いの中間地点で会うこと」

お互いが知らない土地での行動は、旅行気分・冒険気分といった新鮮さを味わえるからです。

新しい共通の思い出ができることで、LINEや電話での会話も弾ませる効果もあり、心の距離を縮めてくれるのです。

 

遠距離恋愛は頻繁に会うことができません。

その、「会えない時間」を「自分磨きの時間」に変換しましょう。

そして、日頃の「自分磨きの時間」を相手に誇れるようにしましょう。

お互いの成長が、恋心を燃やしさらに刺激してくれるからです。

 

 

まとめ

 

今回は『不可能に近い遠距離恋愛を成就させる方法』をご紹介しました。

遠距離恋愛するには

「焦らず待つこと」

「お互いの負担を偏らせない」

「会えない時間を、自分磨きの時間にする」

この3つが大切です。

あなたも遠距離恋愛を成就させ、素敵な関係性を築いてください。