相手の目の動きで分かる隠されたホンネ 人の心理

f:id:takopatan:20200721143401j:plain


脳は何かを考えているとき、その内容に応じて「視覚」「聴覚」「体感覚」のどこかのエリアにアクセスします。そのアクセスの場所に応じて視線も動きます。

「目は口ほどにものを言う」「目は心の鏡」などというように、視線は嘘をつけません。

相手と話しているとき、相手の視線の方向によって脳内で何が起きているのか、相手の心理状態がわかるのです。

 

[目がどの方向に向いているか]

 

[左上を向いている]

視覚的記憶 過去の体験や前に見た風景を思い出している。

 

[右上を向いている]

視覚的構成 今まで見たことがない光景を思い描いている。嘘をつこうとしている。

 

[左下を向いている]

内部的対話 自分と対話している状態。理屈を考えている。

 

[右下を向いている]

体感覚 身体的感覚、感情にアクセスしている。

 

[左横を向いている]

聴覚的記憶 過去に聞いたことのある音や言葉を思い出している。

 

[右横を向いている]

聴覚的構成 聞いたことのない音や言葉を頭の中で創り出している。

 

 

[目の動き方]

 

[左右にきょろきょろ動かす]

落ち着かず、不安感を抱いている。いろいろ考えを巡らせている。

 

[左右のどちらかに視線を逸らす]

相手を拒否している、あるいは好意を持っていない。

 

[視線を下に逸らす]

気が弱く、相手を恐れている。

 

[上目遣いで話す]

相手に対してへりくだっている。受け身の姿勢で甘えたり頼ったりするとき。

 

[見下して話す]

相手をリードしようと、支配的になっている。

 

また、会話の途中で瞬きが多くなるのは、「本能的に相手の視線を避けたい」という心理が働くためである。

相手との会話中に多く瞬きが見られたら、相手にプレッシャーを与えており、緊張や不安をもたらす話題で、隠したいことや触れられたくない話題の可能性が高いです。

 

 

いかがでしたか?

相手が何を考えているのか、真実は相手、本人にしか分かりません。

本当は、嘘をつく関係ではなく、嘘を必要としない関係性を築くのがいいですね。

どうしても、相手を疑ってしまう人や場合の時は試してみてください。