ギャップ萌えで相手を魅了する『ゲインロス効果』

f:id:takopatan:20200721133056j:plain


 

『ゲインロス効果』とは、

「最初にマイナスの印象からスタートすると、後にプラスの印象が見えたとき、プラスの印象を大きく感じる」という心理のことです。

 

俗にいう「ギャップ萌え」です。

 

英語で「ゲイン(利益)プラスの印象」「ロス(損失)マイナスの印象」を指しています。

 

あなたは、次のような人に、魅力を感じませんか

 

・草食系男子に見えるが、実は男らしい

・見た目はクールだが、笑うと可愛い

・大人しい眼鏡をかけた子が、眼鏡をはずすと可愛い

・子供っぽいが、料理上手

・チャラそうな見た目だが、実は一途

・いつもふざけている男性が、真剣な表情を見せる

 

いかがでしょうか?『ギャップ萌え』しませんか?

 

人の印象は、プラスとマイナスの変化の幅が大きいほど、人の心に大きく影響を与えるものです。

最初からプラスの印象だったとき、そのあともプラスの印象を与えても「予定通り」としか思いませんが、

最初がマイナスの印象だったとき、そのあとプラスの印象を与えると「最初はあんな人だと思ったのに」とギャップが生まれるため、よりプラスの印象が大きく感じるのです。

 

ゲインロス効果は、恋愛テクニックとして、非常に役立ちます。

なぜなら、人が「好き」という感情が生まれやすいのは、「意外性」や「ギャップ」に気づいたときだからです。

 

相手に、あなたの「意外性」や「ギャップ」を気づかせるには、まず相手があなたに、どんな印象を持っているかを知ることが大事です。

なぜなら、相手があなたに持っている印象を知らないと、どのようなギャップを作ったらいいかわからないからです。

なので、仲の良い友達何人かに自分の印象を聞いてみましょう。

「大人しい」「真面目そう」「静か」など意外が一致してきます。

それが、あなたが人から持たれやすい印象です。

あとは、その印象と逆のことをするだけです。

 

 

『ゲインロス効果』は恋愛心理テクニックの中で簡単に使いやすいので、ぜひ活用してみてください。