自分の価値を高める『ハード・トゥ・ゲット・テクニック』 使える心理学

f:id:takopatan:20200721130915j:plain


[ハード・トゥ・ゲット・テクニックとは]

 

ハード・トゥ・ゲットとは、【入手困難なもの】という意味で、

「あなたは、私にとって特別な存在」

「あなただから使ってほしい」

など、相手を特別扱いし、好意や信頼を得る心理テクニックです。

この、ハード・トゥ・ゲットテクニックは、営業マンやブランディングで活用されているテクニックです。

 

人は誰しもが「特別扱い」に弱い。

なぜなら人は、「認められたい」「褒められたい」「特別扱いされたい」という

【承認欲求】を持っています。

そして、その【承認欲求】を満たしてくれた相手に好意や信頼を寄せる。といった心理が働くのです。

 

 

[ハード・トゥ・ゲットテクニックの使い方]

 

【自分の価値を高める】

つまり、相手に自分を特別な存在と思わせることです。

 

みなさんは、普段会えない、芸能人やアイドルから「特別に5分だけ会ってあげる」と言われたらどうですか?

「えっ?マジで?」「やった」と喜びませんか?

この状況を、あなたがターゲットにしている相手に作ってあげればいいのです。

 

例えば、相手からお食事や何かの誘いがあったときは

「その日は予定が入ってて、、、とりあえずまた後で連絡します。」

と、1度誘いを断りましょう。

そのあとに「その予定よりもあなたと会いたいから」とか「あなたの誘いだから行く」

と伝えることによって、相手は「あなたにとって自分は特別な存在」と感じ、好意や信頼を寄せるのです。

 

 

注意点として、このハード・トゥ・ゲットテクニックを使いすぎると

「ノリが悪い」「付き合いが悪い人」など思われてしまうこともあります。

例えば、初対面の人に「忙しいですが、5分だけなら会ってあげますよ」と言われたらどう感じますか?

ウザくないですか?

なので、ハード・トゥ・ゲットテクニックを使う場合は、言葉を慎重に選んだり、ある程度の距離間の相手に使うことをお勧めします。

 

 

まとめ

 

自分の価値を高め、相手に「特別な存在」と思わせること。

そして、ハード・トゥ・ゲットテクニックを多用してしまうとウザがられますので、使う相手や言葉のチョイスは慎重に行うこと。